オンラインカジノ業界でビットコインが人気の理由

ビットコインを利用することができるオンラインカジノが世界中で増えています。

世界のカジノ市場では毎日莫大なお金が動いていますが、その中でも、家にいながらにして気軽にカジノを楽しめる「オンラインカジノ」が少しずつ認知され、広まってきているのです。

そして、オンラインカジノでもビットコインが通貨として認められ、使われるようになっています。

オンラインカジノ市場にビットコインが定着すると、「ビットコインを使いたいので欲しい」といったニーズが高まり、ビットコインが爆発的に市場に普及する可能性を秘めている のです。

ここでは、ビットコインが何故オンラインカジノで使われるのか、またそれによって、ビットコインの将来性がどのように高まるのかについて考えていきましょう。

ビットコインを使って簡単に参加できるオンラインカジノが注目されている理由

近年、インターネットを使って簡単に遊ぶことができるオンラインカジノが世界中で注目されています理由があります。

カジノというと、マイナスイメージを抱いてしまう人が多いと思いますが、実はとても将来性がある事業として注目されていて、あのソフトバンクやドコモも出資を行っているほどです。

NTTドコモは、モバイルサービス提供事業者である伊Buongiorno(ボンジョルノ)の株式97%を取得する。今後、全株式を取得しドコモの100%出資子会社にする方針。

ボンジョルノは、欧州最大規模のモバイルコンテンツプラットフォームの提供事業者。プラットフォームとコンテンツの双方を手がけ、スマートフォン向けには音楽やSNS、オンラインカジノといったゲームコンテンツを提供しており、フィーチャーフォン向けにも幅広くコンテンツを供給している。

あまり知られいないが、日本企業もオンラインカジノ会社に出資している。ソフトバンクはイギリスのブックメーカーの株式を取得、約500億円を出資している。イギリスで上場しているオンラインカジノ会社のベットフェア社。すでに23パーセントもの株式をもっている。

ベットフェアのティム・バンティング会長は、「ソフトバンクは、数多くの関連業界で優れた実績を有しているので、ベットフェアが目指している事業拡大計画にとって理想的な戦略パートナーだ」。

確かに悪質なオンラインカジノが全くない、というわけではありませんが、優良サイトの運営会社は株式上場していたり、有名なプロスポーツクラブのスポンサーになっているなど、社会的に認められている企業も多く存在しているのです。

オンラインカジノとは、その名の通りインターネット上のカジノのことで、海外に拠点がありますが、インターネット環境さえあれば、世界中どこにいても気軽に参加することができるのが特徴です。

オンラインカジノは、世界ではすでに身近な娯楽として根付いており、マイナスイメージを持っているのは、日本だけといっても過言ではありません。

このように、世界では一つの娯楽としての地位を確立しているオンラインカジノで、ビットコインが認められ、使えるようになってきているというところに、ビットコインの将来性を感じることができます。

オンラインカジノの市場規模が大きいため、そこでビットコインが使えるようになると、皆がビットコインを手に入れようとするので、ビットコインの評価が高まり、市場がこれまで以上に急拡大する可能性があるのです。

ビットコインを使うとオンラインカジノを楽しむために必要な、海外口座を開設する手間や送金の時間が短縮され、より気軽にゲームに参加できるようになります。

オンラインカジノというものの敷居が低くなり、ユーザーがますます増加すると考えられています。電車で座りながら、すき間時間にスマホでオンラインカジノをする、といったことが日常になる日が来るかもしれませんね。

このように、ビットコインによって、オンラインカジノ市場もより大きくなっていく、といった好循環が生まれ、ますますビットコインのニーズが高まっていくと考えられているのです。

ビットコインは、オンラインカジノに適しているのか?

オンラインカジノでビットコインを使用するメリットはたくさんあります。

ビットコインなら世界中どこにですばやく送金できる

まず、ビットコインは時間をかけることなく、世界中どこにでもすばやく送金できます。オンラインカジノに使うためのお金は、通常であれば、一旦海外送金用の口座に入金し、そこからオンラインカジノの口座に送金します。通常、海外送金には時間がかかり、送金してそのお金が反映されるまで、数日かかることも多くあります。

送金したお金が着金するまでは何もすることができませんし、きちんとお金が送金できているのか、不安になることもあるでしょう。しかし、ビットコインであれば、世界中どこにでもすぐに送金することができるのです。

ビットコインなら海外送金のための中間業者が不要

また、海外送金をする際は、ネッテラーやエコペイズといった中間業者を通さないと送金ができません。それらの会社で口座を作り、まず日本円を入金します。そしてその口座からドルでオンラインカジノに入金されるという流れです。もちろん送金手数料がかかりますし、それに加えて円からドルへ替える際の為替手数料もかかってきます。

ビットコインを使う場合は、それらの中間業者を介すことなく、ウォレットと呼ばれる、ビットコインを管理する財布から直接カジノに入金することができます。

入金する際も、出金する際もほとんど手数料がかかりませんし、入金や出金の上限も基本的にはありません。多額のお金を入金しても、制限なくすぐに出金することも可能です。

個人情報を提供する必要がなく、匿名でカジノを楽しむことができる

また、もうひとつ重要なメリットがあります。それは個人情報を提供する必要がない、ということです。ネッテラーやエコペイズで口座を作る際は、その中間業者にパスポートや運転免許証などの個人情報を提供する必要がありますし、クレジットカードで直接入金し、ゲームを楽しみたい場合は、カジノのサイトで番号を入力しなければなりません。

しかし、オンラインカジノというと、なんとなく信頼ができない、と考える人もまだまだ多いですし、ハッキングなどの被害にあい、提供していた個人情報や番号が盗まれてしまうのではという不安もあり、カジノのサイトにクレジット情報を入力するのに抵抗がある人も多いのです。

ビットコインを使う場合は、ウォレットから簡単に直接入金でき、またビットコイン自体に匿名性があるため、オンラインカジノに送金する際、名前や個人情報などを知られる心配がありません。この匿名性のおかげで不安を感じることなく、気軽にオンラインカジノを楽しむことができるようになります。

オンラインカジノ市場によりビットコインの成長がより加速

このように、ビットコインなどの仮想通貨さえ保有していれば、簡単にオンラインカジノを楽しめる時代が来ます。

オンラインカジノでは、自分の身元を相手に知られることなく、まるでスマホのゲーム感覚でカジノを楽しむことができるでしょう。実際、日本語での、スマートフォン対応のサイトも増えてきています。

このように、オンラインカジノのすそ野が広がることで、その結果としてビットコインのユーザーも増えていくと考えられているのです。

毎年多くの仮想通貨が生まれては消えていっていますが、仮想通貨にとっては、市場に定着するかどうかが一番大切なことです。オンラインカジノ市場でビットコインが使われるようになると、ビットコインの価値はますます上がり、ビットコイン市場も成長していくことが予想されています。

ビットコインをオンラインカジノで使う際の注意点

ビットコインは価格変動リスクがある

ビットコインは、株などと同じように価格変動リスクがあり、その上下幅がとても大きくなっています。ビットコインは今後発行されるコインの総量が決まっているため、インフレになる可能性は少ないと考えられていますが、日々比較的大きな価格変動があるということを覚えておきましょう。

信頼できる取引所を使う

ビットコインなどの仮想通貨は、信頼できる取引所を使うことが重要です。小さな取引所ではなく、資金が潤沢にあり、上場もしくは上場準備をしている、ビットコインを保証する仕組みがあるところを選ぶのが良いでしょう。ビットフライヤーはこの条件を満たしている最大手の取引所なので、安心して使うことができます。

世界のカジノ市場の規模は18兆円。莫大な額が動くマーケット

オンラインカジノだけではなく、マカオやラスベガスでもビットコインが採用されるのは時間の問題と言われています。

日本ではカジノにまだ馴染みがありませんが、世界を見ると、100か国以上の国や地域で合法化されており、カジノ市場は世界中で約18兆円の巨大マーケットです。マカオとラスベガスが2大中心都市ですが、その他欧州やアフリカにも気軽にカジノを楽しめる都市が多数存在します。

このように、世界のカジノ人口は多いため、そこでビットコインが使われるようになると、大きなインパクトがあります。

アメリカのラスベガスでは、ビットコインはまだ安定的な価値がある通貨ではないということで、カジノに使うことはできません。しかし、オンラインカジノへの普及などで、ビットコインの価値が認められれば、ラスベガスなどの実際のカジノでも利用できる日がくると考えられています。そうなると、ますますビットコインのニーズが高まることが予想されます。

マカオでも、ビットコインを取り入れようとする動きが出ており、ビットコインの仕組みであるブロックチェーンの説明会などが開催されています。カジノ業界がビットコインに熱い視線を注いでいると言えるでしょう。

日本でもカジノが合法化される流れ 潜在的ユーザーは多い

オンラインカジノは、日本ではまだ一般的に知られておらず、知る人ぞ知る遊び方と言えますが、ビットコインを使って気軽に利用にできることが認知されれば、日本でもユーザーの数が増加すると思われます。

オンラインカジノは違法ではないのかと心配になる人もいると思いますが、現在、インターネットを通じて海外のオンラインカジノを利用することは違法ではなく、年間数千億円のお金が海外のオンラインカジノに既に流れているということです。

日本は実はギャンブル大国であり、競馬、パチンコ、宝くじ、競艇、競輪など数多くのギャンブルが公的にできる、世界でも珍しい国です。

オンラインゲーム愛好家も多く、課金システムにより、オンライン上のゲームでお金を使うことにも慣れています。

また、日本のパチンコ市場規模は約23兆円とも言われており、競馬や競艇、競輪、宝くじなどを合わせると、なんと約30兆円にも達する巨大市場です。もしもこのうちの何割かでもオンラインカジノ市場に流れたら、その影響力はとても大きなものになりますので、ビットコインが多くの人に使われる原動力となるでしょう。

日本ではまだカジノが解禁されていませんが、上記のような理由により、一度解禁になるとすぐに浸透し、日本のカジノ市場がどんどん大きくなっていくことが予想されます。そこでビットコインが使われるということは、ビットコインのニーズがさらに高まっていくということです。今後カジノ解禁が決まると、ビットコインの価格がより上がっていくでしょう。

今までビットコインを買うのは投資家か、自国の通貨に不安がある中国人などが多かったのですが、これからはカジノやオンラインカジノを利用する人が、ビットコインを購入し、使う可能性があります。

そうなると、ビットコインのすそ野が一気に広がり、ビットコインの価値はますます高まっていくと考えらます。

仮想通貨にとって、市場に定着するかどうかということが一番の問題ですので、ビットコインが使えるオンラインカジノが増えているということはとても明るいニュースで、ビットコインの将来性がますます高まっているといえるでしょう。

投資をする時には、人よりも早く情報を入手し、人よりも先に行動することが大切です。このように、ビットコインは非常に将来性が高く、大きな価値を持つことが予想されますので、早めにビットコインに投資し、保有しておくことをおすすめします。