フェニックスゲーミングで稼いだお金の税金と確定申告の方法

フェニックスゲーミングである程度のお金を稼いだ場合にはそれに関する税金を支払わなければいけないケースがあります。その場合は確定申告もしなければいけないのです。オンラインカジノでどのような税金が発生するのか、どのようにして確定申告をすれば良いのか紹介しましょう。

オンラインカジノで税金が発生する

フェニックスゲーミングのようなオンラインカジノで儲けたいと考えている方は多いでしょう。ギャンブルをやる方というのは一攫千金を夢見ているものです。実際にオンラインカジノで大儲けしている方はいます。そのためこれからぜひともフェニックスゲーミングのようなオンラインカジノに挑戦しようと思う方は多いでしょう。ただし、そこで注意しなければいけないこととして税金の問題があります。オンラインカジノで儲けた場合には税金を支払わなければいけないのです。

ただし、税金が発生するには条件があります。まずオンラインカジノのようなギャンブルで得た利益というのは一時所得として扱われます。そしてこれは特別控除されるものです。この特別控除は最大額が50万円となっています。したがって、年間の一時所得が50万円を下回るならば、税金は発生しないでしょう。一時所得では収入から収入を得るための支出を引いた金額として計算されます。これが50万円以内ならば税金を払う必要はないでしょう。逆にいえば、50万円を超える場合には税金を払う必要があります。

隠すことは不可能

50万円以上の儲けがあってもばれないから大丈夫と考えている人がいるかもしれません。実際、ギャンブルで得た利益を確定申告しないという方もいるのです。しかし、オンラインカジノの場合は絶対に銀行を通してお金のやり取りをすることになります。その際にはデータが残ってしまうでしょう。競馬のように現金でやり取りできるものと異なり、オンラインカジノの場合はデータという明確な証拠が残ってしまいます。そのため、税金が発生するのに支払わないで隠し通すことは不可能でしょう。

確定申告をする

それでは利益が50万円以上発生した場合はどうすれば良いのでしょうか。それは確定申告をして、どのくらいの利益を得たのかを申告すれば良いのです。サラリーマンの方は会社の方で毎年代わりに確定申告をしてもらっているため、自分が申告をしている意識を持っている人は少ないでしょう。確定申告をすることによって、所得税や住民税の額が決められるのです。そのため毎年必ず申告をしなければいけません。

税務署の管轄となっているため、ホームページをチェックすれば具体的な手続きの方法を調べることができるでしょう。各種書類を提出しなければいけません。必要なものとしては源泉徴収票や支払調書などです。オンラインカジノの方に連絡を取れば支払調書を発行してくれるでしょう。これを受け取って自分で確定申告をすることになります。そうすればその年の収入にオンラインカジノでの一時所得が加算されます。したがって、その年の税金が上がってしまうため注意しましょう。

税金を発生させたくないならば、一時所得が50万円を上回らないように調整しておくことも重要でしょう。51万円のように中途半端な儲けの場合は税金が発生する分損をしてしまいます。もちろん50万円を大幅にオーバーするような利益を得たならば、そちらの方が結果的には得られるお金は大きくなるでしょう。実際にそのような大金を得ている方も中にはいるのです。

フェニックスゲーミングのようなオンラインカジノでは税金のことも意識しておきましょう。自分はそんなに大儲けができるわけないと考えている方がいるかもしれません。しかし、思わぬところで大きな利益が発生してしまう可能性もあるのです。ギャンブルというのはいつ大当たりが来てしまうのか分からないものです。あなたにもそのようなチャンスが訪れる可能性があることを意識しておきましょう。万が一税金が発生することになったならば、ちゃんと確定申告を済ませておきましょう。