フェニックスゲーミングで稼いだお金は?オンラインカジノで稼いだ税金の解説

フェニックスゲーミングで稼いだお金については税金が発生することがあります。これからオンラインカジノをやる方は税金についてきちんと認識しておくべきでしょう。どのような税が発生してしまうのか、その対処についても説明しましょう。

オンラインカジノに大勝ちしたときに注意するべきこと

フェニックスゲーミングをやってみたいならば税金について注意するべきです。オンラインカジノをする際には多くの方ができるだけたくさんの利益を得たいと考えています。もちろんなかなか思うように大金を得られないことが多いのですが、中にはかなりの利益を得ている方もいます。その場合、ある程度の利益を得てしまうと税金が発生してしまうため注意しましょう。どのような形の収入であっても、それには税金がかかってしまうため、支払わなければいけません。

日本には毎年確定申告をする制度があります。これは前年の収入を税務署に申告することによって、自分が支払わなければいけない税金の額を確定してもらうということです。納税は国民の義務のためしっかりと支払わなければいけません。もし支払わなければかなり重い罪に問われてしまう可能性もあります。本来納入するべき額以上のお金を支払う必要が生じるのです。そのためオンラインカジノで大儲けしようと考えている方は、仮に大儲けできた場合には税金が発生することを覚えておきましょう。

それでは具体的にどのくらいの利益が発生すれば税金を払わなければいけなくなるのでしょうか。それは50万円です。ギャンブルによる利益というのは一時所得として扱われています。もし前年の一時所得の合計が50万円を超えるようであれば、それに対して税金が発生してしまうのです。この場合、一時所得の半分に対して税金がかかるということになります。このような制度になっていることはきちんと理解しておきましょう。たとえ海外のカジノで得た利益だったとしても、それに対して税金は発生するため気をつけましょう。

特別控除という制度がある

それではどうして50万円という基準があるのでしょうか。実は特別控除という制度があるのです。これによって一時所得に対しては50万円分が控除されるようになっています。そのため50万円を超えなければ税金は発生しません。また、50万円を超えた分について、50万円を引いた額に税金がかかるのです。したがって仮に51万円の一時所得だったとすれば、税金がかかるのは1万円分に対してのみです。そのため、この程度の一時所得であれば税金の負担はそれほど大きくはないでしょう。

申告しなければばれないのではないかと考える方がいるかもしれません。しかし、それは間違いです。オンラインカジノの場合には取引はすべてウェブ上で行うことになります。したがって取引の記録はすべてデータとして残ってしまうのです。必ず銀行を介してお金のやり取りをすることになるでしょう。そのデータがあるために大きな額の利益を一時所得として得た方は、それが税務署の方に知られてしまうのです。

確定申告の方法について

サラリーマンの方は自分で確定申告をした経験のない方が多いかもしれません。確定申告の手続については税務署のホームページで詳しく開設されています。また、最寄りの税務署を訪れれば詳しく説明してくれるでしょう。毎年3月頃になると確定申告の締め切りがあります。その時期までにしっかりと手続きをしておけば、前年の一時所得を申告することができるのです。そうすれば、あとで所得税や住民税などの徴収をされる際には一時所得の分も含めた税金が記載されているでしょう。

フェニックスゲーミングを含めてオンラインカジノでは大儲けできる可能性が常に存在しています。自分で思ってもみなかったほどの利益を得られるかもしれないのです。そのような可能性が自分にも存在していることをきちんと理解しておきましょう。そして特別控除される以上の利益を得たならば、その分はしっかりと申告しましょう。