オンラインカジノ初心者必見!オンラインカジノのペイアウト率を知っておく

フェニックスゲーミングのようなオンラインカジノではペイアウト率を知っておくことは大切です。これはギャンブルの仕組み的なものであり、これを理解しないとギャンブルで損をしてしまう可能性もあるでしょう。オンラインカジノで大事なペイアウト率について説明しましょう。

ギャンブルは胴元が儲かるようにできている

どのようなギャンブルであっても必ず胴元が存在します。胴元とはそのギャンブルを主催しているお店や会社などのことです。オンラインカジノであれば、そのサイトを運営している会社が胴元となっています。そして、胴元というのは必ず儲かるようになっています。賭け金の一部が胴元のところへ渡るようにできているのです。このような利益を得るために胴元はオンラインカジノを運営しています。

そもそも胴元というのはそのギャンブルを運営するためにコストを負担しています。実際のカジノでは家賃や人件費、設備費などが必要となるでしょう。これらのコストはすべて賭け金の一部によって支払われているのです。そのため胴元が必ず活用なシステム、あるいは胴元が有利な条件となるようなシステムがないと胴元は潰れてしまいます。ギャンブルを経営として行うことができなくなってしまうのです。そのため胴元が儲かるというのは当然のことであり、それはおかしなことではありません。

控除率について

ギャンブルを提供している胴元が賭け金のうちから実際に取得しているお金の割合のことを控除率といいます。オンラインカジノではあらかじめ胴元が儲かるようにルールや配当が設定されているのです。それぞれのゲームによって控除率が設定されています。控除率を適切に設定することによって、胴元は安定した利益を得ています。

たとえばアメリカンタイプのルーレットがあります。こちらは0と00、さらに1から36の数字によって構成されています。そのため数字は全部で38種類あることになります。そして、それぞれの数字が出る確率は38分の1です。しかし、配当は36倍に設定されているとします。これによって、当たったときの配当は36倍で、当選確率は38分の1となっているのです。プレイヤーは平均すると36分の38、つまり94.74%の賭け金が払い戻されるようになっています。

この場合、控除率は5.26%となっています。これが胴元側の取り分となっているのです。この控除率があるからこそ、オンラインカジノはビジネスとして成立しているのです。

ペイアウト率とは

ペイアウト率というのは還元率や期待値と呼ばれることもあり、そのギャンブルに賭けた金額のうち実際に払い戻される割合のことです。このペイアウト率に控除率を足し合わせると必ず100%になります。したがって、ペイアウト率が高くなれば控除率が低くなり、逆にペイアウト率が低くなると控除率が高くなるのです。このペイアウト率が高ければ高いほど、プレイヤーにとっては有利になるでしょう。胴元の取り分が少なく、その分だけプレイヤーに還元されるからです。

オンラインカジノのペイアウト率とは

オンラインカジノといってもたくさん存在しています。それぞれ独自の控除率を設定しているのですが、ペイアウト率についてはだいたい94%から98%となっているようです。これは実際のランドカジノのペイアウト率とそれほど違いはありません。したがって、オンラインカジノは実際のカジノと同じくらいのペイアウト率が設定されているといえるでしょう。

ただし、ゲームによってペイアウト率は異なっています。たとえばビデオスロットやスロットマシンについては、ペイアウト率は93%から97%となっています。ビデオポーカーについては全体として98%前後となっています。カードゲームやテーブルゲームについては控除率は低くなっています。ブラックジャックについてはそのプレイヤーの力量によってはペイアウト率が100%を超えることもあります。このようなゲームは技術介入度が高いといわれます。

フェニックスゲーミングをはじめとするオンラインカジノというのは一般的なギャンブルと比較すると控除率が高いためとても勝ちやすいのです。ギャンブルの初心者の方にも安心しておすすめできます。フェニックスゲーミングは特におすすめです。